MENU
グラマラスパッツのクーポンは?一番安く買う方法を紹介

堀口恭司と嫁の石久保彩花が離婚してた!?馴れ初めから破局理由まで調査

日本の格闘技を牽引する存在である堀口恭司さん。

子供のような笑顔と強さのギャップに惹かれる女性も多いのではないでしょうか。

そんな堀口恭司さんは2015年にミスユニバースの石久保彩花さんと結婚し、すでに離婚していたのだとか・・!?

今回は「堀口恭司と嫁の石久保彩花が離婚してた!?馴れ初めから破局理由まで調査」というテーマでお届けします。

スポンサーリンク
すぐ読める目次

堀口恭司と嫁(石久保彩花)の馴れ初めは?

格闘家の堀口恭司さんといえば「史上最強のMade in japan」の異名を持つ、日本の格闘技を牽引する存在ですね。

強さだけでなく甘いマスクで女性ファンも多い堀口恭司さんですが、2015年に元ミス・ユニバースジャパンの石久保彩花さんと結婚したと言われています。

堀口恭司さんと石久保彩花さんは高校の同級生で、中学時代は堀口恭司さんはサッカー部で石久保彩花さんは吹奏楽部だったそうです。

中学時代はお互いに接点がなかったそうですが、成人式の後に行われた同窓会の席で堀口恭司さんが石久保彩花さんに一目惚れ。

堀口恭司さんが猛アタックしたと言われているので、石久保彩花さんも堀口恭司さんに圧倒された姿が浮かんできますね。

 

堀口恭司さんは石久保彩花さんの純粋なところが気に入ったことと、格闘技のことを全く知らなかったのも良かったと話しています

堀口恭司さんは自分の試合のことを何かと言われるのが嫌なので、格闘技を全く知らないという部分も好印象なのは間違いありません。

石久保彩花さんは堀口恭司さんの第一印象について、「お猿さんみたいだった」と独特の表現が印象的ですね。

堀口恭司さんは当時アメリカで移住することを決めていたので、アメリカに一緒に行こうとプロポーズしたのだとか。

結婚後は堀口恭司さんの大好きな釣りを一緒にしていたとの情報もありますが、その他の詳しい情報は見つかりませんでした。

常にストイックに強さを追求している堀口恭司さんなので、結婚生活については多くを語っていませんね。

堀口恭司は嫁(石久保彩花)と離婚してた!?

石久保彩花さんと結婚した堀口恭司さんですが、すでに2人は離婚して日本とアメリカで別々に生活しているとの噂があります。

そもそも堀口恭司さんは結婚していないのではとの噂もあり、石久保彩花さんとは恋人関係で破局したとも囁かれています。

2020年5月にYou Tube動画の中で堀口恭司さんは、

「彼女はいない」「35歳までには結婚したい」

と明言していますね。

これは石久保彩花さんと離婚して今は独身ということなのか、そもそも結婚していないとも取れる発言です。

 

さらに「アメリカに来て出会いが全然ない」とも話しているので、もし石久保彩花さんと結婚しているなら出会いがないとの発言は違和感があるよな

2015年にスポーツ紙が堀口恭司さんの結婚を報じていますが、結婚直前で2人は破局していた可能性も十分考えられます。

また堀口恭司さんのAmebaブログのプロフィールに、ステータス「未婚」と記載されていると話題になりました。

堀口恭司さんは練習のし過ぎで怒られてしまうほど、とにかく強くなることに全精力を注ぐ毎日を過ごしています。

自分自身の生活を「禁欲生活、まるで修行僧のよう」と話しているように、格闘技のために多くを犠牲にしてきたと思います。

石久保彩花さんと結婚した後に離婚したかは不明ですが、少なくとも堀口恭司さんは現時点で独身の可能性が高そうですね。

アメリカで一緒に生活する中で考えることもあり、結婚直前で2人は破局したと考えるのが自然かなと思いました。

堀口恭司と嫁の間に子供はいた?

堀口恭司さんと石久保彩花さんとの間に子供はいないようで、今後も格闘家を続けている間は子供を作らない可能性が高いと思います。

堀口恭司さんはインタビューで「彼女を作るのは面倒くさい」と話していて、格闘技以外に労力をかけたくないと話しています。

堀口恭司さん自身はモテないと話していましたが、間違いなくモテて彼女を作ろうという意思さえあればモテモテだと思います。

このことからも現役中に子供を作るとは考えにくく、引退してから結婚や子供について考えていきそうですね。

第一線で活躍する格闘家に共通していることは、「とにかく強くなりたい」と純粋に強さを追い求めている部分です。

堀口恭司さんがテレビで活躍する姿を見ると羨ましい気持ちもありますが、第一線でトップを張るのは多くの代償を払う必要があります。

以前インタビューで子供は2〜3人欲しいと話していて、引退後はレストラン経営や整体師などやってみたいと話していますね。

格闘技はとりあえず30歳までは頑張るとも話していて、できれば40歳くらいまで現役で活躍したいと明確な目標を持っています。

将来のプランをしっかり持っているからこそ、今は格闘家として強くなることだけに集中できるのも強さの秘訣ですね。

堀口恭司さんを見ていると遊んでいる暇はないと思うほど、厳しい練習の毎日で血の滲むような努力をしているのは間違いありません。

スポンサーリンク

今読まれてる記事はこちら

すぐ読める目次
閉じる