ドラマ・テレビ番組

『M愛すべき人がいて』の昼ドラ感が面白い!衣装はチープなのに演技がオーバーすぎ

4月18日に初回放送を迎えたドラマ『M愛すべき人がいて』の昼ドラ感がヤバいと話題です。

全ての出演者のオーバーな演技、主役のあゆを演じる安斉かれんさんの棒読みな演技、全てがマッチして昼ドラ感を後押ししているんですよね。

「どうせつまらないだろう」と思っていた人も思わず最後まで見てしまうという魅惑のドラマになりました。

この記事では『M愛すべき人がいて』の昼ドラ感をたっぷりご紹介していきます。

M愛すべき人がいて
【M愛すべき人がいて】ドラマキャストと見どころ!原作あらすじや期待値は?浜崎あゆみさんと松浦勝人さんのだ恋愛を描いた暴露本がドラマ化! この数ヶ月で出産をされていたり離婚をされていたりと「ドラマ化の宣伝...
\こちらもおすすめ/

『M愛すべき人がいて』の昼ドラ感が面白い!

M愛すべき人がいて 昼ドラ

『M愛すべき人がいて』は2018年に発売された浜崎あゆみさんとエイベックス会長松浦勝人さんの出会いから別れまでを描いた自伝的小説を元に作られています。

全盛期の人気からはだいぶ落ちてしまった浜崎あゆみさんをモデルにしているため、放送前には「絶対つまらない」との声も多く見られました。

しかし初回放送後は「昼ドラ感がすごくて面白かった!」との声が多く上がっています。

どんな所に昼ドラっぽさを感じるのかをまとめてみました。

安斉かれんの棒読み演技と衣装のチープ感

安斉かれんさんの演技は棒読みで下手だと話題なのですが、この昼ドラ感を盛り上げるためには必要なキャラだなと感じます。

このシーンの「神様ですか!?」は下手くそすぎて可愛いなとすら思ってしまいました。

浜崎あゆみさん役を演じているとは思えないチープな衣装にも注目です。

「M」を歌うときの衣装、あゆこんなチープな衣装着てたっけ?と思ったらおそらくこの時の衣装のようです。苦笑

M愛すべき人がいて 昼ドラ 

これはちょっとひどい、けど昼ドラっぽいチープ感を出すには外せない要素なのでしょうか。

出演者全員がオーバーな演技

松浦勝人さんを演じている三浦翔平さん、エイベックス社長を演じる高嶋政伸さん、専務秘書を演じる田中みな実さん、登場人物全てがオーバーな演技なんです。

 

愛憎にまみれたオーバーな演技こそが昼ドラを彷彿とさせるんですよね。笑

高嶋政伸さんは嫌味な役でオーバーな演技が鉄板ですが(黒革の手帖とか)、『M愛すべき人がいて』でも良い味を出しています。

小室哲哉さんのポジションもすごいことになっていますよね。

現在の小室哲哉さんはおばさんのようなのに・・

小室哲哉 おばさん化 太った
【画像】小室哲哉がおばさん化!若い頃から現在までの変化がヤバい!引退してからほぼ見かけなくなった小室哲哉さんですが、KEIKOさんとの離婚調停が始まるということで久々に週刊誌に登場しました。 し...

重要なシーンで流れるバックミュージック

重要なシーンで流れるバックミュージックも完全に昼ドラです。

この悲しいメロディがオーバーな演技、棒読みな演技を引き立たせていると言っても過言ではないでしょう。

(後ほど動画を追加します)

Sponsored Link  

『M愛すべき人がいて』田中みな実のオーバーな演技が全部持っていく

M愛すべき人がいて 田中みな実

私が第1話を見た感想としては、「時折出てくる田中みな実の演技が全部持っていくな・・」でした。

 

試しにSNSでも同様の声を検索してみたところ、同じように感じている人がたくさんいて安心しています。

 

 

田中みな実さんのセリフの後ろで流れる音楽も昼ドラ。

そしてそのままCMに入る前の「P&G」が入るタイミングもヤバい。

この田中みな実さんの謎キャラも鈴木おさむさんの仕掛けのようで、まんまと気になってしまった人が多いようです。

ストーリーよりも田中みな実さん見たさ見続ける人も多そう!

Sponsored Link

『M愛すべき人がいて』の昼ドラ感は鈴木おさむの脚本が原因?

鈴木おさむ

『M愛すべき人がいて』の脚本は鈴木おさむさんが担当しています。

初回放送前にもAGARAでは「ドラマ『M』と名作昼ドラとの類似点 突き抜けたケレン味の「馬鹿負け」ドラマが流行の兆し」という記事がでていました。

記事の中では鈴木おさむさんの脚本についてこのように書かれています。

「鈴木さんは『SMAP×SMAP』でSMAPやゲスト役者陣に“真剣に”コントをさせてお茶の間を沸かせてきた稀代の作家。芸人ではない俳優や女優が、真剣にやればやるほど笑えてしまうという“笑いのバランス”を作るのに長けた方です。また以前、鈴木さんにお話を伺ったところ、『当然視聴率も重要だが、録画にせよ見逃し配信にせよ、テレビは“見てもらうこと”が一番大事』とおっしゃっていました。もちろん鈴木さんが面白いと感じることをやっているのでしょうが、仰々しいセリフや眼帯など、その“見てもらうため”の仕掛けが秀逸であり、この予告動画をも成功に導いたということでしょう」(衣輪氏)

引用:https://www.agara.co.jp/article/57479

安斉かれんさんはドラマ初出演ということで演技力は素のものなのかもしれませんが、他の登場人物のオーバーリアクションは惹きつけるための戦略っぽいですね。

 

あえて昼ドラっぽいオーバーな演技や愛憎にまみれたストーリー仕立てにすることで、深夜帯のドラマでも注意を引くことができたのでしょう。

「昼ドラっぽい」「演技がウケる」などの声がSNSで拡散されれば、次から見てみようという人も増えますし、浜崎あゆみさんのファン以外も楽しめるドラマになりますもんね。

戦略だと分かっていても、本当に次回の放送が気になる中毒性がすごい・・

Sponsored Link

『M愛すべき人がいて』の昼ドラ感がヤバい!まとめ

ドラマ『M愛すべき人がいて』の昼ドラ感満載な見所についてまとめてみました。

浜崎あゆみさんのファンであってもなくても、視聴者的にツッコミどころ満載な演技やストーリー、衣装なので、気になっている方は見逃し放送で視聴してみてください。

放送から1週間以内ならAbemaTVで最新話のみ無料で視聴出来ます。

最後までお読みいただきありがとうございました!

あなたにおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です