自分の体温(熱)で温まる布団「ママウォーム」がヤバイ!口コミや返金保証についても紹介

お布団って暖かいはずなのに、冬の布団って本当に寒いですよね。

ホットカーペットみたいに発熱する暖かい布団があれば良いのに・・と思った経験がある人は少なくないはずです。

冷たい布団で寝ている女性は特に注意が必要です。
冷えは体調不良を招くだけではなく、痩せにくくなったり肌の調子が悪くなったりとデメリットしか招きません。

特に睡眠中は寒くても布団に入るしかないので、冷たい布団を使っていたら体を冷やすだけになってしまいます。

さなのアイコン画像さな

体が冷えると睡眠の質にも悪影響だよね 

睡眠時の冷えを解消するためには布団選びが大切になります。

今回は暖かいと評判の布団の中から、自分の体温(熱)で発熱する布団「ママウォーム」をご紹介します!

さなのアイコン画像さな

女性の冷えは深刻な悩み!あんなに「キンキン」に冷えていた私が今ではポカポカです♪

↓全国配送手数料・代引き手数料無料↓

\このサイト限定で1万円オフ♪/

↑90日間返金保証&3年間の品質保証↑

今すぐママウォーム公式サイトで詳細を見てみる >

目次

自分の体温で温まる布団「ママウォーム」がヤバイ!

ママウォーム


冬の時期、布団に入っても手足が冷たくて全然寝付けない女性は多いですよね。
靴下を履こうが、お風呂で温まろうが、布団が冷たいのですぐに冷えて全然眠れないのが冬の悩み。泣

そんな悩みを持って「暖かい布団ジプシー」を続けてる人は、ママウォームを使えばもう布団を探すことはなくなるはず。

自分の体温(熱)を利用して布団を早く温めてしまいましょう。

ママウォームの7つの特徴
  • 遠赤外線で、からだを暖かく包み込む
  • 身体の熱をつかまえ逃がしにくい優れた断熱性
  • 暖かさを科学的に表示し、生理的快適さを実現
  • 寝汗で体を冷やさない吸汗・速乾性
  • 抗菌・防臭・ダニ対策もバッチリ!
  • 綿ホコリも出にくく、自宅で洗濯出来るので安心清潔!
  • 長くご愛用頂きたいから、安心の3年保証

ママウォームには自分の体からでた熱を布団の外に逃さない「ウォーマル」という特殊な中綿が使われており、自分で熱を作る力が弱い人でも暖かさを実感できる構造になっています。

ウォーマル


でも特殊な中綿なら他の布団メーカーも同じようなことやってるよね?と思いますよね。

<ママウォームではもう一つ、特殊な中綿をプラスしているんです。

それが「保温性に優れたシンサレート」です。

ママウォーム


1つめの「ウォーマル」は発熱性に優れた素材。
2つめの「シンサレート」は保温性に優れた素材です。

そしてなんともう一つ、暖かくなりすぎて汗がこもる心配を無くす吸汗・速乾の機能を持った「フィルハーモニー」という素材が使われています。

フィルハーモニー


暖かく使えて清潔に保てるのは嬉しいですよね!

冬は特にお天気が悪かったりして布団を干すのも億劫になりがちですし。

ひよこのアイコン画像ひよこ
発熱、保温、清潔さが合わさるとか最強か!

しかもママウォームって1枚の布団ではなく、合掛ふとんと肌掛ふとんの2枚セットなんです。

ママウォーム


だから冬が暖かいのはもちろん、夏にも快適に使えるんですね。

ひよこ×のアイコン画像ひよこ×
寒いシーズンしか使えない布団って保管場所もとるしめちゃくちゃ効率悪いわ

ママウォームと羽毛布団どっちが暖かい?

ママウォーム
引用:公式サイト

ママウォームと羽毛布団の違いは、上記の表の通りです。

でも「ママウォームも暖かそうだけど羽毛布団とどっちが暖かいんだろう?」と思いませんか?

正直、温まった時の暖かさはそんなに変わらないかな?といった感じでした。笑

のアイコン画像
変わらないのかよ・・

ただし、

  • 布団が温まるまでのスピードはママウォームの勝ち
  • 自宅で洗うのが簡単

という点で、ママウォームの勝ちでしょうか。

羽毛布団をコインランドリーに持って行くのも、自宅で洗えたとしても寄った羽をバラすのがむちゃくちゃ面倒だったりしますよね。

お手入れが面倒だと後回しになりがちですし、衛生的にもよくありません。

さなのアイコン画像さな

ハウスダストだらけの布団で寝たくないですよね?怖

「でも今の布団でもう少し我慢しようかな・・」と思っている人は、次の章の女性が体を冷やすデメリットをご覧ください。

女性が体を冷やすことで起こるデメリットもヤバイ

雪と女性


「女の子が体を冷やすことは良くない」ってお母さんやおばあちゃんに言われたことはありませんか?

本当にその通りで、女性が体を冷やすことにメリットは何一つありません。
もしもあなたが毎日冷たい布団で寝ているのであれば、今すぐ改善した方が良いですよ。
女性が体を冷やすことのデメリットは大きく3つあげられます。

  1. 血流が悪くなる
  2. 老廃物がたまる
  3. 免疫力が低下する
女性のイラスト

この3つを聞いただけで、美容にもダイエットにも良くないことがわかりますよね。
血流が悪くなって老廃物がたまりやすくなると新陳代謝も悪くなって痩せにくくなります。
肌艶や髪のツヤも悪くなり、実年齢より老けて見られることも多くなるでしょう。

免疫力が低下すれば病気にかかりやすくなりますし、何よりがんなどの怖い病気は低体温の体を好みます。
そして、妊活をしている人にとっても冷えは大敵ですよね。

寝るときに暖房をつけている人も多いかと思いますが、暖房の風は肌や髪を乾燥させがちなので一晩中付けっぱなしで寝ることはあまりおすすめ出来ません。
自分の体温で温まる布団が一番経済的で美容にも良いんです。

ママウォームを使っている人の口コミや評判は?

ファッションモデルの磯部奈央さんも愛用してるとのこと!

この投稿をInstagramで見る

良質な睡眠のために☺︎❤︎ . 先日、冷え性グッズ体験会に行ってからすっかり魅了された、ママウォームという掛布団と、リンマーという三枚重ねの靴下🧦☀️ . さっそくお家で愛用してます❤︎! . ママウォームは、保温効果が本当にすごくて冷えで寝付きが悪かった私も、使い始めた日をきっかけにぐっすり眠れるように😍 . リンマーの靴下も、履き心地がいいのでお家で履いてるのですが、モコモコ靴下よりも冷えなくなりました☺️☀️ . . #instadaily #睡眠 #良質な睡眠 #ポカポカ #冷え性女子 #冷え性解消商品体験会 #リンマー #ママウォーム

磯部奈央(@nao_isobe729)がシェアした投稿 –

この投稿をInstagramで見る

先日、冷え性グッズの体験会にお邪魔しました♡ 掛け布団のママウォームと冷えとり靴下のリンマーの両方を自宅で使っています。ママウォームは本当に軽くて「本当に暖かいのかしら?」と不安になるほどでしたが、布団の中に入るとすぐ暖かくなって心地よい♡自宅で洗えるのも主婦として助かります。リンマーは、冷えとり靴下にありがちなゴワゴワ感もなく家にいる間履いていてもずっと快適! #冷え性女子 #冷え性解消商品体験会 #リンマー#ママウォーム #冷えとり靴下 #掛け布団 #暖かい

Hikari Noguchi 野口 光(@hikari_noguchi)がシェアした投稿 –




足が冷えたりして、布団に入ってもなかなか眠れない女性って多いですよね。
筆者もそのタイプなのですが、寒いし寝付けないしで、イライラしながらスマホを見てさらに眠れなくなる・・という悪循環を繰り返していました。
でも、ママウォームを使い始めてからは比較的早く眠りにつけるようになり、もっと早く使っておけば良かったと心底思いました。

ひよこ×のアイコン画像ひよこ×
あ〜悩みすぎて去年の冬は寒い夜を過ごしたよね・・

値段分は確実に元を取れるのは間違いありません。
「口コミなんてどうせヤラセでしょ?」
と思う方は、気に入らなかったら90日間の返金保証が付いているのでぜひ試してみてください。
きっと効果を実感するはずです。

ママウォームは返金保証付きで安心

ママウォームを購入するなら返金保証がついた公式サイトが一番

【ママウォーム(シングル)を販売しているショッピングサイト】

ショップ名 金額 返金保証
楽天市場 29,600円(税込) ×
公式サイト 29,600円(税込)
Amazon
Yahoo!ショッピング

2019年12月現在、ママウォームが販売されているのは、公式サイト楽天市場のみです。
どちらで購入しても金額は変わらないのですが、注目すべき点は「返金保証」の有無!

ママウォーム

公式サイトでは、品購入後に万が一気に入らなかったら90日間の返金保証が付いてくるんです!

返金保証


布団って実際に使ってみないと本当に暖かいか分からないから心配ですよね・・
しかし、返金保証があると安心して使ってみて気に入らなければ返金することが出来ます。
お試し感覚で使えるのはかなり嬉しい!

さなのアイコン画像さな

返金保証期間が業界最長の90日間(約3ヶ月)というも魅力的すぎる!

実際に手にとってみて気に入らなければ返品することも可能なので、迷っている人は気軽に試してみてくださいね♪
とはいえ、返金保証をつけるというのは「暖かさに自信があるから」なんです!

きっとあなたの冷えた体はポカポカになりますよ♪

↓全国配送手数料・代引き手数料無料↓

\このサイト限定で1万円オフ♪/

↑90日間返金保証付き&3年間の品質保証↑

今すぐママウォーム公式サイトで詳細を見てみる >


今人気の記事はこちら

目次
閉じる