MENU
グラマラスパッツのクーポンコードって?お得なキャンペーンも紹介 >

上白石萌音の朝ドラ相手役は松村北斗!カムカムエヴリバディでキスシーンは?

URLをコピーする
URLをコピーしました!

女優としてさまざまなドラマや映画に出演している上白石萌音(かみしらいし もね)さん。

そんな上白石萌音さんが2021年度後期のNHK連続テレビ小説でヒロインに抜擢されました。

上白石萌音さんがヒロインをつとめるのは「カムカムエヴリバディ」

相手役はSixTONESの松村北斗さんです。

今回は「上白石萌音の朝ドラ相手役は松村北斗!カムカムエヴリバディでキスシーンは?」というテーマでお届けし、2人の関係やキスシーンの有無についても調べてみました。

関連 上白石萌音はブスで可愛くない!?「ぶさかわ」と感じる人も急増中

スポンサーリンク

この記事でわかること

上白石萌音主演の朝ドラは「カムカムエヴリバディ」

上白石萌音さんが主演をつとめる朝ドラのタイトルは「カムカムエヴリバディ」です。

本作は、連続テレビ小説『ちりとてちん』を書き下ろした藤本有紀さんの作品で、ラジオ英語講座とあんこ、野球、ジャズ、時代劇を題材としたオリジナルストーリーとなっています。

ヒロインは異例の3人からなり、母から娘へとバトンを繋ぎ、時代の流れを紡いでいきます。

本作で上白石萌音さんが演じるのは初代ヒロインである橘安子(たちばな やすこ)役。

なんとオーディションに応募したのは3061人で、その中から選ばれたのだとか。

倍率の高いオーディションを勝ち抜いただけに彼女の演技に期待が高まっています。

今回のドラマに関しての上白石萌音さんのコメントを見てみましょう。

“「カムカムエヴリバディ」の撮影が始まり、昭和の岡山を生きています。

春の陽気に包まれた現場はとても明るく穏やかで、まさにこの作品の空気感そのものです。毎朝撮影に行くのがうれしくて仕方ありません。

藤本さんが紡がれるすばらしい脚本は、出演者の皆さまを介するとさらに密度を増し、この上なく胸に響きます。その場にいるだけで、安子として息をすることができます。これから合流される方々もいらっしゃいますが、どなたも物語にとって大切な存在ばかり。早くお会いしたいです。

「カムカム英語」が沢山の方に愛されたように、このドラマも日々の楽しみにしていただけますよう、心を込めてシーンを重ねてまいります。”

上白石萌音の相手役は松村北斗

今回「カムカムエヴリバディ」で上白石萌音さんの相手役となるのは雉真 稔(きじま みのる)を演じる人気アイドルユニットSixTONESの松村北斗(まつむら ほくと)さんです。

松村北斗さんが演じる雉真稔は大学生で、実家は繊維業を営んでいます。

そして、雉真稔が橘安子の運命を動かすことに…。

松村北斗さんのコメントは以下です。

“この度、初めて朝ドラに参加させていただくことが決まり、本当にうれしいです。

キャラクターとして演じる稔と僕自身は大きく違います。

しかし、台本を読んだ段階からこの役を満喫できる確信がありました!

皆さんの朝の楽しみの一要因になれれば幸いです。”

どちらも朝ドラに出演するのは今回が初めてなので楽しみにしている人も多いようです。

そこでTwitterでの声を調査してみました。

やはり、Twitterでも喜びと期待の声がいくつか見られました。

上白石萌音と松村北斗のキスシーンはある?

「カムカムエヴリバディ」では上白石萌音さんの相手役を松村北斗さんが務めるとのことで、それぞれのファンはキスシーンがあるのか気になっているのではないでしょうか?

まだドラマが始まっていないのでキスシーンがあるのかは分かりませんが、恋愛関係にあるという設定なのでキスシーンがある可能性は高いですね。

相手役だということしかまだ情報がないですが、夫婦役なのでは?と考察する人もいるようです。

「カムカムエヴリバディ」は2021年秋頃の放送を予定されているので2人の関係に注目ですね。




今読まれてる記事はこちら

この記事でわかること
閉じる