MENU
    【5/8まで】グラマラスパッツの最新クーポンコード >

    中村輪夢のwikiプロフィール!父親の中村辰司は元BMXライダー

    URLをコピーする
    URLをコピーしました!

    中村輪夢選手は東京五輪2020の新種目の一つBMXでメダルの期待がかかっている注目の選手です。

    BMX競技の中でも「フリースタイル・パーク」という種目で世界のトッププロと互角以上に渡り合っている中村輪夢選手ですが、東京五輪2020に出場する選手の中では最年少に近い年代なので、今後の活躍がますます期待ですね。

    関連 中村輪夢の年収はいくら?スポンサー契約金や4億円練習場の場所は?

    スポンサーリンク

    この記事でわかること

    中村輪夢のwikiプロフィール

    名前:中村輪夢

    生年月日:2002年2月9日

    年齢:19歳

    出身:京都

    サイズ:身長168センチ 体重63キロ

    2015年 Fise world成都大会優勝(アマチュア部門)

    2016年 Recon tour 優勝(13~15歳クラス)

    2016年 Perugia cup 優勝

    2016年 G-shock Real Tougness 優勝

    2017年 FL BNX Seris 3位

    2017年 Japan cup大会富山大会 優勝

    2017年 UCIアーバンサイクリング世界選手権 7位

    2017年 第1回全日本 BNXフリースタイルパーク 選手権大会 優勝

    2018年 UCIワールド杯広島大会 9位

    凄い経歴ですね。

    現在話題のBMX選手で、ワールドカップ史上最年少のメダリストで、19歳という若さで東京オリンピックの金メダリスト候補にも挙がっています。

    さな

    名前も珍しいですよね。

    名前の由来は自転車の車輪の部品から「輪夢(りむ)」と名づけられたそうです。

    リムとはホイールのスポークとタイヤが接触する部分にある円周状になっている縁の事です。

    中村輪夢選手がBNX競技を始めたのは何と2歳の頃からで、父親の辰司さんも元BNXライダーだったことが深く影響しているそうです。

    中村輪夢の通ってる高校や大学はどこ?

    出身高校はどこ?

    出身高校は京都つくば開成高校です。

    京都つくば開成高校では、生徒ひとりひとりのライフスタイルを大切にし、夢の実現をサポートするために、様々な指導システムを取り入れているのだとか。

    まさに、BMXに全力で取り組む中村輪夢選手にはうってつけの学校です。

    中村輪夢選手は夏冬の長期休暇に集中して登校する「夏冬集中受講制」を選択しているようです。

    通っている大学はどこ?

    2020年4月に環太平洋大学に、大学教育経営学科通信教育課程へ入学されています。

    中村輪夢選手は従来通り京都を拠点に練習は続けますが、岡山市内に新しく建設されたパークでの強化合宿に訪れるなどされます。

    大会初出場はなんと5歳の時で小学校高学年になるころにはすでに、キッズクラスの大会では優勝するのが当たり前といった無双状態となり、15歳でプロデビューをされています。

    中村輪夢選手が出場しているBMX競技は「フリースタイル・パーク」と呼ばれるもので、制限時間内にフィールドに設置された様々な人工セクション(バンクと呼ばれる斜面やカーブと呼ばれる縁石など)を使ってトリックを繰り出し、その技の難易度や完成度など競い合う競技です。

    さな

    難しそうな競技ですが若くして沢山優勝され、本当に凄い選手ですよね。

    中村輪夢の家族構成!父親も元BNXライダー

    輪夢さん、父親、母親

    中村輪夢さんの家族構成は、お父さん(辰司さん) お母さん(麻美さん) 2歳年上のお姉さん(百果さん)そして中村輪夢さんの4人家族です。

    お父さんの辰司さんは元BNXライダーでBNX自転車専門のお店を経営されています。

    店名は「HANGOUT(ハングアウト)」で、場所は以下のように公表されています。




    今読まれてる記事はこちら

    この記事でわかること
    閉じる