スポーツ

梨田昌孝の持病や過去の病歴!肺炎重症は喫煙者だったから?

2020年4月1日に野球解説者の梨田昌孝さんが新型コロナに感染していることがわかりました。

入院して間も無く集中治療室に入り人工呼吸器をつけて治療を行なっています。

梨田昌孝さんがなぜ重症化してしまったのか、病歴や喫煙歴が関係あるのかについて調べてみました。

3月29日に亡くなられた志村けんさんと過去の病歴や喫煙歴が酷似していることで心配の声が上がっていますが、無事に回復してくれることを願うばかりです・・

\こちらもおすすめ/

梨田昌孝が重度の肺炎に!現在の症状は?

梨田昌孝がコロナ陽性で重度の肺炎に!現在の症状は?

元プロ野球楽天監督で野球解説者の梨田昌孝さんが新型コロナに感染したと報じられたのは4月1日のこと。

公表された時の症状はすでに重度の肺炎と診断されていました。

梨田昌孝さんの新型コロナ感染判明までの経緯は以下の通りです。

  1. 3月25日 倦怠感を覚え自宅で静養
  2. 3月28日 発熱
  3. 3月30日 呼吸困難の症状が出て病院を受診
  4. 3月31日 別の病院で重度の肺炎と診断
  5. 同日   更に別の病院へ搬送され、検査の結果新型コロナ陽性が確認される
  6. 4月2日   集中治療室へ入る
  7. 4月4日現在 容態は変わらず

3月29日に亡くなられた志村けんさん同様に重度の肺炎と診断され、集中治療室へ入っているとのことでとても心配です。

しばらく容態は変わらずと報道されていましたが、5月7日には2度のPCR検査で院生が確認されたとのことです。

しかし不整脈が続いていることから入院を続行し様子を見ています。

ひとまず回復されたとのことで安心しましたね!

Sponsored Link  

梨田昌孝の持病や過去の病歴は?

新型コロナは持病があると特に悪化しやすいと言われていますが、梨田昌孝さんは持病を持っているのか、過去に病歴があるのかを調べてみました。

報道によると、梨田昌孝さんは現在は健康上の問題はなく健康体だったとのことです。

年末に行われた近鉄関係者との会合では「ユニホームを脱いで重圧から解放されたのか、合うズボンがないほど太ってしまったよ」と話すなど、健康に問題はなかった。

引用:Yahoo!ニュース

 

しかし、過去には呼吸器系の病気も患った経験があるとのことです。

病名は明かされていませんが、志村けんさんも過去に肺炎を患い入院した経験があったことから、状況が酷似していて心配の声が集まっています。

新型コロナに感染して悪化する持病や病歴に糖尿病が挙げられていますが、肺炎などの呼吸器系の病気も影響しそうですよね。

呼吸器系に限らず過去に病歴がある方は感染に十分注意してください。

Sponsored Link

梨田昌孝の肺炎重症は喫煙者だったから?

梨田昌孝さんは過去に喫煙歴がありました。

2009年の講演にて「今ちょっとタバコをやめました。」とコメントされているので、55、56歳頃に禁煙されたようです。

梨田昌孝のコロナ重症は喫煙者だったから?

現在は禁煙していたようですが、呼吸器系の病気をしたこともあるということで重症化してしまったのでは?と考える人も少なくありません。

現に、志村けんさんも喫煙歴がありました。

 

日本禁煙学会は新型コロナウイルスが重症化しやすい人の特徴として、以下の4つを挙げています。

  1. (1)高齢(60歳以上)
  2. (2)喫煙(現在、喫煙している人過去に喫煙していた人)
  3. (3)喘息や慢性閉塞性肺疾患(COPD)のある人
  4. (4)糖尿病や肝疾患などの慢性疾患のある人

中でも新型コロナが重症化しやすいのは喫煙者、喫煙歴のある人だとしています。

悪化要因に関す多変量解析では喫煙が最大のオッズ比だった

 喫煙歴 14.285; 95% CI: 1.577–25.000; P = 0.018
 年齢 8.546; 95% : 1.628–44.864; P = 0.011
 入院時高体温 8.999; 95% CI: 1.036–78.147, P = 0.046

引用:日本禁煙学会

 

このことから、梨田昌孝さんの感染が重症化しているのは過去の喫煙歴が関係していると考えてもおかしくないと思われます。

Sponsored Link

梨田昌孝の持病や過去の病歴は?まとめ

梨田昌孝さんの持病や過去の病歴、現在症状が重症化しているのは喫煙歴が関係あるのかについて調べてみました。

梨田昌孝さんは過去に呼吸器系の病歴があり、現在は禁煙していたものの56歳頃までは喫煙者だったことがわかりました。

日本禁煙学会の発表によると、新型コロナは喫煙者や過去の喫煙歴がある人が重症化しやすいという結果が出ています。

現在喫煙している方、過去に喫煙歴がある方は感染に十分気をつけてください。

あなたにおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です