ドラマ・テレビ番組

『青天を衝け』で草なぎ剛の役は?放送スタート日やあらすじも紹介

2021年放送の大河ドラマ『青天を衝け』に草なぎ剛さんの出演が決まっているとNEWSポストセブンが報じました。

草なぎ剛さんはどんな役を演じるのでしょうか?

すでに刀の稽古もしているようだと気付いたファンもいるようです。

この記事では草なぎ剛さんが『青天を衝け』で演じる役や、ドラマのあらすじについてまとめています。

\こちらもおすすめ/

2021年の大河ドラマ『青天を衝け』に草なぎ剛が出演!?

草なぎ剛さんが2021年放送の大河ドラマ『青天を衝け』への出演が決まったと報じられました。

『青天を衝け』のキャストは現時点(4月1日)で主人公の渋沢栄一を演じる吉沢亮さんしか公式発表されていません。

次のキャスト発表にて、豊川悦司さん、和久井映見さんと一緒に草なぎ剛さんの発表があるようです。

 

草なぎ剛さんの大河ドラマ出演は2004年放送の『新選組!』へ友情出演した時以来。

17年ぶりの大河ドラマ出演ということで草なぎ剛さんも気合十分のようですね!

二度目の大河ドラマとなる『青天を衝け』ではどんな役を演じるのでしょうか?

Sponsored Link  

大河ドラマ『青天を衝け』で草なぎ剛が演じる役柄は?

草なぎ剛さんが誰の役を演じるかはまだ発表になっていません。

しかし、早々の出演発表は重要な役柄の可能性が高いと関係者もコメントしています。

主役に次いで発表されるキャストですから、物語において重要な役柄を演じることになるはずです」(NHK関係者)

引用:NEWSポストセブン

 

重要な役柄ということは、主人公の渋沢栄一のいとこ役である惇忠や喜作の可能性も?と思いましたが、

渋沢栄一の年齢が20代なので、現在45歳の草なぎ剛さんはいとこ役ではなさそうですね。

 

 

 

草なぎ剛さんがYouTubeで刀を振り回していたとの情報も!

すでに稽古を開始しているのでしょうか。

 

草なぎ剛さんは大河ドラマへの出演経験は少ないものの、これまで主演してきたドラマはほぼ主演という実力の持ち主。

『青天を衝け』の役でも存在感と演技力を見せつけてくれることは間違い無いでしょう!

(草なぎ剛さんが演じる役柄について詳しくわかり次第、更新します)

Sponsored Link

大河ドラマ『青天を衝け』はいつから放送?草なぎ剛出演に期待の声も!

NHK大河ドラマ『青天を衝け』は2020年1月から放送予定です。

2020年の大河ドラマ『麒麟がくる』は1月19日(日)からスタートしましたが、当初は1月5日(日)からのスタート予定でした。

例年通りのスケジュールで考えると『青天を衝け』は、

2021年1月9日(日)放送スタート

の可能性が高いでしょう。

 

草なぎ剛さんの出演に、ファンからの期待も高まっています!!

 

 

 

 

早く正式発表が聞きたいですね♪

Sponsored Link

大河ドラマ『青天を衝け』のあらすじ

時代は江戸時代〜明治時代。

日本資本主義の父とも呼ばれた渋沢栄一を主人公に、幼少期から民間改革までを描いたドラマです。

 

藍染の原料となる藍玉作りと養蚕を営む農家に生まれた栄一は、商才に長けた父親の背中を見ながら商売の面白さを学びます。

栄一が17歳の頃、官尊民卑(かんそんみんぴ)がはびこる幕府の身分制度に怒りを覚え、武士になることを決意しました。

 

栄一は、いとこの惇忠(じゅんちゅう)や喜作とともに同士を集め、高崎城を乗っ取る計画を立てます。

しかし惇忠の弟・長七郎の猛反対にあい実行前夜に断念・・

逆に幕府に終われることになり、喜作とともに京へ逃げました。

そんな栄一らに助け舟を出したのは、一橋慶喜の側近・平岡円四郎

一橋家の家臣となるか、幕府に捕らわれて死ぬかの二択を迫られ、栄一は家臣となる道を選びます。

 

栄一は持ち前の商才で一橋家の財政改革を行い慶喜の信頼を得ますが、慶喜が将軍を継承したことで幕臣になってしまいました。(本来は倒幕が目的だった)

落ち込む栄一でしたが、パリ万国博覧会での随員に選ばれたことで天気が訪れます。

フランスで栄一は「株式会社」と「バンク」の仕組みを学びます。

そんな中、日本から大政奉還の知らせが届いてやむなく帰国することに。

 

日本へ帰国すると約260年続いていた徳川の時代は終わっており、様変わりした様子に栄一は衝撃を受けます。

いとこの惇忠と喜作は「彰義隊(しょうぎたい)」を結成。
戊辰戦争、函館戦争と、新政府との戦闘を続けていました。

栄一は静岡で隠棲する慶喜の元へ向かい、民間に身を置きながら慶喜を支えることを決意します。

 

しかし栄一は突然の大蔵省への仕官を命じられて上京することになりました。

大蔵省では「改正係」を立ち上げ、租税、鉄道、貸幣制度など次々と改革を進めます。

3年半後、33歳の栄一は「ある決意」を胸に辞職を決意。

ここから栄一の目指す怒涛の民間改革が始まります。

2021年 大河ドラマ「青天を衝つけ」

【放送予定】2021年1月~

【脚本】大森美香

【制作統括】菓子 浩、福岡利武

【プロデューサー】板垣麻衣子

【演出】黒崎 博、渡辺哲也 ほか

Sponsored Link

大河ドラマ『青天を衝け』で草なぎ剛の役柄は?まとめ

草なぎ剛さんが出演すると話題の大河ドラマ『青天を衝け』ではどんな役を演じるのか、あらすじは?ということでまとめました。

公式ではまだ発表になっていませんが、近日中には正式発表があるそうなのでワクワクしますね!

演技にも定評があるのになぜかドラマ出演が激減した(←)草なぎ剛さんの活躍が増えていきそうな予感です♪

続報が入り次第、また更新していきます!

麒麟がくる
『麒麟がくる』の衣装や風景の色がおかしい!?「カラー侍・カラー庶民に目がチカチカする」の声多数2020年1月19日にスタートしたNHK大河ドラマ『麒麟がくる』ですが、沢尻エリカさんの逮捕もあり昨年から何かと話題となっているドラマで...

あなたにおすすめ