MENU
グラマラスパッツのクーポンコードって?お得なキャンペーンも紹介 >

2021立川まつりの花火大会の日程や時間は?打ち上げ場所や穴場スポットを紹介

URLをコピーする
URLをコピーしました!

今年(2021年)で63回目の開催となる立川まつりの花火大会。

毎年メイン会場の昭和記念公園は多くの人で賑わいますが、混雑しすぎるので今年は入場規制がかかる可能性もありますね。

この記事では2021年の立川 花火大会の日程やアクセス方法をご紹介しています。

混雑が苦手な方は穴場スポットでの鑑賞も検討してみてくださいね。

スポンサーリンク

この記事でわかること

立川まつり花火大会の基本情報

立川まつり花火大会は、1954年(昭和29年)から開催されており、2021年で63回目の開催となる古くから親しまれている人気の高い花火大会です。

見どころは、直径45cm、重さ約30kg、到達する高度400m、開いた花火の大きさ380mという、ダイナミックな一尺五寸玉の他、演出にこだわった花火がもりだくさんで迫力のあるパフォーマンスを楽しむことができます。

打ち上げ数は5000発ほどとスケールが大きく、来場者数は毎年メイン会場だけだと約25万5000人、そして周辺道路なども含めると70万人以上となります。

さな

東京都だけでもたくさんの花火大会が実施されている中、立川まつり花火大会は東京都第1位、全国では11位なんです

立川まつり花火大会の動画がこちら。

本当に綺麗ですね。

人気な花火大会なだけあって映像や写真からもそのパフォーマンスの素晴らしさが伝わってきます!

来場者の声を調査してみても「綺麗すぎ」「綺麗だった」「とても綺麗」との声が多く、やはり満足度が高いようです。

花火大会の日程はいつ?

古くから親しまれてきた立川まつり花火大会!

毎年楽しみにされている方も多いのではないでしょうか?

しかし、2020年は新型コロナウイルスの影響で残念ながら花火大会の開催は中止となりました。

ガッカリした方も多いのではないかと思います。

今年2021年は開催されるのか調べてみたところ、

開催は今のところまだ未定のようです。

ただ、現在も新型コロナウイルスは日に日に感染者が増えており、終息する気配がないため2021年の開催も難しいのではないかと思います。

開催場所はどこ?

 立川まつり花火大会の開催場所は以下です。

東京都立川市 / 国営昭和記念公園 みんなの原っぱ

【住所】〒196-0032 東京都 昭島市 郷地町

公共交通機関を利用する場合、最寄駅は「立川駅」となります。

立川駅から国営昭和記念公園までは徒歩10分程度です。

また、立川まつり花火大会では専用の駐車場がありません

近くにパーキングがあったとしても来場者が多く、満車になる可能性や周辺道路が混み合うことが考えられるので出来るだけ公共交通機関を利用するようにしましょう。

立川まつり花火大会の打ち上げ場所はどこ?

花火大会の打ち上げ場所は、国営昭和記念公園となっています。

打ち上げ場所である国営昭和記念公園から鑑賞するには以下の入場料が必要となります。

【17:30まで】

大人 450円(税込)

子供 無料

シニア 200円(税込)

ちなみに17:30以降は入場料は必要ありませんが、大変混雑している可能性が高いです。

立川まつり花火大会のおすすめ穴場スポット

立川まつりでは、打ち上げ場所となる国営昭和記念公園から綺麗で迫力のある花火を楽しむ方も多いですが、やはりメインスポットなのでかなり混み合います。

中には穴場から見たいという人もいますよね。

そこでおすすめの穴場をいくつか紹介したいと思います。

その①ららぽーと立川立飛

ららぽーと立川立飛では、打ち上げ開始まではショッピングを楽しむことが出来て、会場付近の混雑しやすい場所に行かずに綺麗な花火を楽しむことができます。

なので子連れの方におすすめです。

その②「イトーヨーカドー東大和店」屋上駐車場

イトーヨーカドーでは屋上駐車場の一部を花火大会鑑賞のために解放しています。

とっても良心的ですよね♪

なのでゆっくり花火を楽しみたいという方にはおすすめの穴場です。

その③モノレール沿い

「立川北駅~立飛(たちひ)駅」の二駅間は特によく見える穴場なのだとか!

メイン会場はトイレに行くのもかなり混雑するので、人混みを避けたい方は遠目からもよく見える穴場スポットを利用してくださいね♪

\八王子まつり 花火大会もおすすめ/




今読まれてる記事はこちら

この記事でわかること
閉じる