MENU

手越祐也の弁護士は高野隆!ジブリ宮崎駿監督に激似と話題

2020 6/24

手越祐也さんがつけた弁護士についてSNSでとても話題になっています。

あのオウム真理教事件を担当していたことや、カルロスゴーンを逃亡させたと言われている高野隆弁護士。

ジブリの宮崎駿監督にも激似ですよね。

この記事では高野隆さんのプロフィールや経歴、なぜ手越祐也さんは高野隆さんを選んだのかについてご紹介しています。

\こちらもおすすめ/
目次

手越祐也の弁護士は高野隆!

2020年6月23日に緊急記者会見を行った手越祐也さんですが、その場に同席した弁護士の高野隆さんにも注目が集まりました。

高野隆さんはあのカルロス・ゴーンの逃亡を手伝った弁護士とも言われていますよね。

ジャニーズ事務所は円満退所、タッキーやNEWSメンバーとも不仲ではないとのことですが、それならなぜ手越祐也さんは弁護士をつける必要があったのでしょうか?

高野隆はゴーンの逃亡を手伝った弁護士!?

Twitter

手越祐也さんがつけた弁護士はカルロスゴーンの逃亡を手伝った弁護士とも言われていますが、その理由は以下の通りです。

「(日本の)裁判官は独立した司法官ではない。官僚組織の一部だ。日本のメディアは検察庁の広報機関に過ぎない」「(ゴーン被告の密出国は)密出国を「暴挙」「裏切り」「犯罪」と言って全否定することはできないということである。寂しく残念な結論である。もっと違う結論があるべきである。確かに私は裏切られた。しかし、裏切ったのはカルロス・ゴーンではない」

高野隆@ブログ

このブログを読んだ都内在住の男性から、「被告の逃走を肯定する発言をブログでしたのは重大な非行」として第二東京弁護士会に懲戒請求が出されました。

高野隆弁護士とカルロスゴーン

高野弁護士は懲戒請求の理由に対する答弁に、「弁護人は被告人を管理監督する者ではない」「「弁護人が被告人を逃走させないこと」という保釈条件は存在しない」と回答しています。

また、カルロス・ゴーンが法律上携行を義務付けられたパスポート以外の3通は厳重に保管していたとのことです。

手越祐也が弁護士をつけた理由は?

手越祐也さんが弁護士をつけたのは自らではなく、ジャニーズ事務所に「弁護士をつけてくれ」と言われたからでした。

それはNEWSメンバーを含めたジャニーズ関係者との話し合いをさせないため・・なのでしょうか。

手越祐也さんが自らジャニーズを退所したいと申し出たとはいえ、話し合いは弁護士を通してくださいってなかなか酷いなと思います。

しかしそんな仕打ちにひるむどころか、超敏腕弁護士を連れてきた手越祐也さんさすがですねw

なぜ三大刑事弁護人とも言われる有名弁護士をつけてきたのかは、いろいろな理由が想像できそうです。

ジャニーズとは円満と言いながらも、やはりこのクラスの弁護士をつけないと何があるかわからないということなのでしょうか。

これまで散々好き勝手に書いてきた週刊誌に対するアピールの部分も大きいかもしれませんね。

だとしたら手越祐也さん賢いなぁ〜

高野隆弁護士がジブリ宮崎駿監督に似ていると話題

6月23日に行われた手越祐也さんの緊急記者会見に高野隆弁護士も同席しましたが、画面に映った姿を見て

「なぜ宮崎駿監督が」

「宮崎駿を連れてくるなんてさすが手越の人脈」

「となりの手越」

などとTwitterでは大盛り上がりでした。

「となりの手越」とかほんと笑うんですけどw

高野隆のプロフィールと経歴

プロフィール

【名前】:高野隆(たかの たかし)

【生年月日】:1956年9月30日

【学歴】:早稲田大学法学部、サザンメソジスト大学ロースクール(LL.M.)卒業

高野隆さんは第二東京弁護士会に所属しており、これまでに数々の刑事事件で無罪判決を獲得している敏腕弁護士です。

神山啓史さん、後藤貞人さんとともに、三大刑事弁護人とも呼ばれています。

経歴

主な経歴:
1979年 早稲田大学法学部卒業
1982年 弁護士登録(埼玉弁護士会)
1987年 サザン・メソジスト大学ロー・スクール卒業(LL.M)
2004年 第二東京弁護士会に登録換え
2004年~2009年 早稲田大学大学院法務研究科(法科大学院)教授
2006年~2014年日弁連裁判員本部・法廷技術に関するプロジェクトチーム座長
2014年~2015年日弁連刑事弁護センター・法廷技術小委員会委員長

現職:

高野隆法律事務所代表パートナー(2009年~)

一般社団法人東京法廷技術アカデミー代表理事(2013年~)

高野隆法律事務所

過去の担当事件

  • オウム真理教事件
  • 東名夫婦死亡事故事件
  • カルロス・ゴーン

まとめ

手越祐也さんに弁護士がついていたことにも驚きですが、その弁護士がカルロスゴーンを担当した敏腕弁護士の高野隆さんということもさらに驚きでしたね。

しかもジブリの宮崎駿監督に激似すぎて、記者会見の内容が途中から全然頭に入ってきませんでした。笑

高野隆さんのような敏腕弁護士をつけて会見にも同席させるということは、ジャニーズにも週刊誌にも各メディアにも、今後の活動や行動において下手なことするなよ?というアピールも兼ねていたのかもしれませんね。

目次
閉じる