ドラマ・テレビ番組

【アンサングシンデレラ】ドラマ第1話のネタバレ感想!原作との違いは?

「アンサングシンデレラ」第1話のあらすじと、ネタバレ感想をまとめています。

病院薬剤師がテーマのドラマは史上初ということで、現役薬剤師さんからの期待も多いドラマ。

医療ドラマは中途半端に作られていると批判的な声が多くなりがちですが、「アンサング・シンデレラ」はどうだったのか、視聴率や世間の感想も合わせてご紹介します。

 

「アンサングシンデレラ」を無料視聴する方法や、全話あらすじ、キャスト主題歌などの情報はこちらの記事をご覧くださいね!

石原さとみ
【アンサングシンデレラ】石原さとみの髪型が可愛い!お団子ヘアをマネする方法を動画で解説石原さとみさんのお団子ヘアを簡単に作る方法を動画で解説! ドラマ「アンサング・シンデレラ」の主人公“葵みどり”のトレードマークは大...
 

\こちらもおすすめ/

【アンサングシンデレラ】ドラマ第1話のあらすじ

2020年4月9日(木)放送の「アンサング・シンデレラ」第1話のあらすじを紹介します。

葵みどり(石原さとみ)は、萬津総合病院薬剤部に勤務する薬剤師。

救急センターで蜂に刺されて搬送された患者への医師の投薬を薬剤部副部長の瀬野章吾(田中圭)とサポートしていた。

【アンサング・シンデレラ】ドラマ第1話のネタバレあらすじと感想!

そこに、薬剤部部長の販田聡子(真矢ミキ)が新人の相原くるみ(西野七瀬)を連れて来た。

心肺停止に陥った患者が心臓マッサージを受ける中、みどりは患者が日常服用している薬に気づく。それを医師に報告したことで、患者の心拍は回復。薬剤師が患者を救ったと、くるみは感動。

しかし、患者の家族たちは、医師にしか感謝をしない。
くるみに疑問をぶつけられたみどりは、「感謝されたいなら薬剤師は向いてない」と答える。

【アンサング・シンデレラ】ドラマ第1話のネタバレあらすじと感想!

患者の投薬状況を見て回るみどりの早足に、くるみは着いて行くのがやっと。

医師から小児病棟の糖尿病患者、渡辺奈央の血糖値が安定しないと聞けばすぐさま病室に赴くみどり。その病室には奈央と仲の良い森本優花も入院中。優花も糖尿病で入退院を繰り返していた。

薬剤室に戻ったみどりは刈谷奈緒子(桜井ユキ)に一喝される。

医師から続々と届く処方箋の調剤に大忙しだからだ。みどりは届いた処方箋をくるみにも渡して調剤を始めた。

羽倉龍之介(井之脇海)が、くるみの紹介をするが誰も手を止める事はない。

【アンサング・シンデレラ】ドラマ第1話のネタバレあらすじと感想!

そんな時、みどりは林医師の処方箋に疑問を抱く。すぐに、みどりは林に疑義照会(処方箋を出した医師への問い合わせ)をする。これが林とみどりの因縁に…。

ドラマ「アンサング・シンデレラ」の第1話は、原作漫画1巻の第3話、第5話のストーリーで構成されています。

第1話の見どころ

第1話のテーマになる病気は、

  • 蜂毒によるアナフィラキシーショック
  • 1型糖尿病
  • 切迫早産

の3つです。

蜂毒に関してはこれから暖かくなり、夏〜秋にかけて蜂の活動も活発になるので知っておいた方が良い知識ですね。

1型糖尿病は生活習慣病による糖尿病とは異なり、小児に多い病気とされています。
子どもながらに持っている「一生抱えていかなければならない悩み」を知るきっかけになるのでは。

第1話のゲスト出演者

「アンサング・シンデレラ」第1話のゲスト出演者は4人です。

  • 安藤美優(1型糖尿病の少女役)
  • 永瀬莉子(1型糖尿病の少女役)
  • 西原亜希(切迫早産疑いの妊婦:矢島詩織役)
  • 飯田基祐(産婦人科医の林雅樹役)
Sponsored Link  

【アンサングシンデレラ】第1話のネタバレ・感想

ドラマ「アンサング・シンデレラ」第1話の放送が終わるまでは、原作漫画を元にネタバレをしていきます。

執筆中・・・

 

↓蜂毒によるアナフィラキシーショックの話は漫画の3話で読めます

アンサングシンデレラ第3話ネタバレ感想
漫画『アンサングシンデレラ』第3話のあらすじネタバレと感想!この記事は、漫画「アンサングシンデレラ」1巻に掲載されている第3話のネタバレ感想です。 第3話では友人と山登りに出かけた男性が、蜂...

↓1型糖尿病の話は漫画の5話で読めます

アンサングシンデレラ第5話ネタバレ感想
漫画『アンサングシンデレラ』第5話のあらすじネタバレと感想!この記事は、漫画「アンサングシンデレラ」第5話のあらすじネタバレを紹介しています。 第5話では中学生で1型糖尿病と戦う女の...

【アンサングシンデレラ】ドラマ第1話は原作とどこが違う?

ドラマ第1話と、原作漫画の3話、5話の違いを見ていきましょう。

主人公の葵みどりのキャリアが違う

原作では主人公の葵みどりはキャリア2年目ですが、ドラマでの葵みどりはキャリア8年目とベテラン薬剤師の設定です。

大方のあらすじは同じですが、主人公の設定が違うので細かい部分が変わってきていますね。

 相原くるみが途中から入ってくる

相原くるみは葵みどりの後輩ですが、原作漫画では1巻の最初から既に登場しています。

ドラマでは途中から新しく入社した新人薬剤師として紹介されていますね。

原作漫画よりも「ガチな新人」なので、みどりの行動を微笑ましく見守る後輩では無いようです。

蜂に刺された患者が服用してた薬に気付いたのがみどり

原作漫画では蜂に刺されて心肺停止になった患者に、日常服用していた薬があったことに気付いたのは瀬野でした。

ドラマではみどりが気付いていますね。

ここもキャリア2年目⇒8年目になったことで変更された箇所でしょう。

新人のくるみが入ってきた場面なのに、キャリア8年目のみどりが「私ったらそこに気付けなかった!」とか先輩としての威厳が・・となりますもんね。笑

Sponsored Link

【アンサングシンデレラ】ドラマ1話の視聴率と世間の反応

★視聴率は第1話放送後に記載しますね

原作漫画や、石原さとみさんがテレビ番組で「アンサングシンデレラ」の撮影秘話を話したことでもかなり注目度が集まっていますね!

 

 

 

Sponsored Link

【アンサングシンデレラ】ドラマ第1話のネタバレあらすじと感想!まとめ

ドラマ「アンサングシンデレラ」の第1話のあらすじやネタバレをまとめてみました。

主人公の設定(キャリア)が原作と違うことで細かいストーリーが変わっていくようですね。

原作漫画ではキャリア2年目の葵みどりが、先輩や同僚に助けられながら学んでいくようにストーリーが進みます。

ドラマではある程度のベテランということで、病院薬剤師の仕事とはという部分が強調されているようです。

新人(相原くるみ)が感じる疑問点や感情などの視点は、比較的私たち視聴者の目線と近いものがあるかもしれませんね!

【アンサング・シンデレラ】ロケ地の病院は埼玉?横浜?
【アンサング・シンデレラ】ロケ地の病院は埼玉?横浜?笹の葉薬局は実在した!ドラマ「アンサングシンデレラ」のロケ地は埼玉県の羽生病院説が濃厚です。 しかし、横浜の病院に石原さとみさんがいたという情報も出てき...

あなたにおすすめ