MENU
グラマラスパッツのクーポンコードって?お得なキャンペーンも紹介 >

ホワイトニング歯磨き粉では白くならない!?効果が出るまでの期間は?

URLをコピーする
URLをコピーしました!

ドラッグストアでも簡単に手に入るホワイトニング歯磨き粉。

ずっと使ってるけど一向に歯が白くならない・・なんて感じている方も多いのではないでしょうか・

ホワイトニング歯磨き粉では歯が白くならないって本当なのかを詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

この記事でわかること

ホワイトニング歯磨き粉の仕組みって?

鏡を見て、自分の歯ってこんなに黄ばんでいたっけ?とショックを受けた経験はありませんか?

とは言っても歯医者でホワイトニングするにはしばらく通わなければいけないですし、保険適用外となるので費用もかなりかかってしまうイメージがあるという方も多いと思います。

そんな歯の黄ばみや汚れで悩んでいる人の間で方気になっているのが”ホワイトニング歯磨き粉”です。

でもホワイトニング歯磨き粉の仕組みがわからないという方も多いはず。

ホワイトニング歯磨き粉といってもさまざまな商品が販売されていますが、そのほとんどが歯を白くする有効成分を含んでおり、持続的に歯磨きすることでなかなか落ちない黄ばみを落とすことができるのです。

ホワイトニング歯磨き粉は、普段の歯磨きで黄ばみや汚れを予防することができ、虫歯予防にも効果的だと言われています。

ホワイトニング歯磨き粉では白くならないって本当?

ホワイトニング歯磨き粉は自宅で手軽に使用できるので使用している方も多いと思いますが、歯が白くならない…と悩んでいる方もいるのではないかと思います。

ホワイトニング歯磨き粉は”歯を白くする”ものではなく、歯の汚れや黄ばみを落としてキレイにするものなんです。

なので、生まれ持った歯の白さにすることは可能ですが歯の表面の奥、象牙質まで白くするのはホワイトニング歯磨き粉では難しいです。

ただ、コーヒーやワインなど着色汚れは普段からホワイトニング歯磨き粉を使用していれば防止することができますが、人によって使用前の歯の状態が違うため、もともと歯の黄ばみが強い方は効果が出るまで時間がかかるでしょう。

中には歯医者での効果とホワイトニング歯磨き粉の効果が同じだと思っている方もいるかと思いますが、これはそもそも別物なので市販の歯磨き粉では歯医者でのような効果は期待できません。

“ホワイトニング”と同じ名前がついていますが、使用している成分が違うため全くの別物なのです。

歯医者での治療では薬剤として過酸化水素や過酸化尿素が含まれていますが、これは一般的には使用できない成分のため市販のホワイトニング歯磨き粉には含まれていません。

そのため、ホワイトニング歯磨き粉では歯の表面の奥まで白くすることができないのです。

また、市販のホワイトニング歯磨き粉には研磨剤が使われていることが多いんです。

研磨剤はその文字の通り、歯の表面を削って汚れを落とすということです。

つまり、市販のホワイトニング歯磨き粉で効果があるのは歯の表面だけだということになります。

歯磨き粉よりLEDライトのホワイトニングがおすすめ

上記で紹介した通り、市販のホワイトニング歯磨き粉では歯の表面しかキレイにすることは出来ません。

なので歯医者でのホワイトニングと同じような効果を期待している人には物足らなく感じてしまうでしょう。

そんな方におすすめなのが、今愛用者が急増しているLEDライトでのホワイトニングです。

LEDライトのホワイトニングの場合、ホワイトニング歯磨き粉と違って歯医者と同じような本格的なホワイトニングが自宅で簡単に行えます。

LEDライトでのホワイトニングは光触媒の作用を利用して歯の表面の黄ばみや汚れを分解し、除去するという仕組みになっています。

ほとんどの商品に専用のジェルがついており、これを使うことでホワイトニング剤の働きが活性化されるので本来のキレイな白い歯へと導いてくれるのです。

LEDライトのホワイトニングは、ホワイトニング歯磨き粉と比較すると値段的には少し高いですが、歯医者に通うよりも費用は抑えれて、効果もあまり違いがないのでかなりコスパがいいと思います。

また、自宅で何かをしながらでもホワイトニングできて、所要時間は短時間なのでホワイトニングにあまり時間をかけたくないという人にも最適な商品です。

ホワイトニング歯磨き粉で歯が白くならず、悩んでいた方はぜひLEDライトのホワイトニングを使ってみてはいかがでしょうか。




今読まれてる記事はこちら

この記事でわかること
閉じる