山口達也から検出されたアルコール量は?依存症は治らないとの声も

山口達也さんが2020年9月22日に酒気帯び運転で事故を起こし逮捕されました。

この時検出されたアルコール量はどれくらいだったのでしょうか?

今回は「山口達也から検出されたアルコール量は?依存症を治療してたのは嘘!?」というテーマでお届けします。

\こちらもおすすめ/
目次

山口達也が酒気帯び運転で交通事故

山口達也さんが酒気帯び運転で追突事故を起こし、逮捕されました。

事故があったのは2020年9月22日の9時半頃。

練馬区桜台の交差点で信号待ちをしていた車に、山口達也さんが乗ったバイクが突っ込んだとのことです。

けが人は出なかったとのことでホッとしましたが、一歩間違えれば悲惨な事故を起こしていた可能性も十分にあります。

山口さんは以前からアルコール依存症だと言われていましたが、今回あhどれだけの量を飲んで逮捕されたのでしょうか。

Yahooニュースから気になるコメントを発見したのでご紹介します。

山口達也から検出されたアルコール量は?

交通事故を起こした際に呼気を調べたところ、基準値を上回るアルコールが検出されたとのことですが、いったいどれくらいの量が検出されたのでしょうか?

こちらはニュースサイトには掲載されていませんでしたが、新潟青陵大学大学院教授の碓井真史さんが下記のようにコメントをされていました。

山口容疑者は、これまでもアルコールでのトラブルを起こして来ました。今回は別の報道によると、午前中の逮捕にもかかわらず、基準値を大きく上回る0.75のアルコール分の検出だったとされています。

引用:Yahoo!ニュース

酒気帯び運転の基準を調べてみたところ、

 呼気1L中のアルコール量が0.15mg以上

で違反となります。

もしも碓井教授のコメントにある0.75という数字が事実だとしたら、山口達也さんはかなりの量のアルコールを飲んだまま運転していたことになりますよね。

しかも午前中の9時にです。

飲酒運転で飲んだまま運転している人が勝手に事故を起こす分には自業自得だと思ってしまいますが、その事故に巻き込まれた人の命が失われる可能性もしっかりと考えて欲しいです。

山口達也はアルコール依存症を治せない!?

山口達也さんはアルコール依存症を治す為に入院していたと言われており、現在も治療を続けていた・・はずです。

しかしここに来て酒気帯び運転で交通事故を起こしてしまい、世間からは「アルコール依存症は治らない」という声も聞こえてきます。

https://twitter.com/Nanimon79307250/status/1308284422488088576

アルコール依存症は治らない?

山口達也さんが事故を起こしたことで「懲りない」といったコメントも多くみられますが、「アルコール依存症は治すのが難しい」といった声もみられました。

山口達也から検出されたアルコール量は?まとめ

酒気帯び運転で逮捕された山口達也さんですが、検出されたアルコール量が本当に0.75だったらかなり飲んで運転していたことになりますよね。

そりゃ停まってる車に追突するわと思いましました。

けが人がいなかった事が奇跡のようですね。

アルコール依存症は治すのがかなり難しいそうですが、根気強く治してほしいと思います。

今人気の記事はこちら

目次
閉じる