MENU
グラマラスパッツのクーポンは?一番安く買う方法を紹介

クレベルコイケとサトシの関係は親戚?同じボンサイ柔術道場のメンバーだった?

RIZIN22でホベルトサトシソウザがクレベルコイケのRIZIN参戦を推薦したシーンがありましたが、二人の関係は?と気になっている人も多いのではないでしょうか。

今回はクレベルコイケとサトシが親戚と言われる理由、そして同じボンサイ柔術道場のメンバーだったのか、という内容を網羅していきたいと思います。

ホベルトサトシソウザ推薦のクレベルコイケ、やはり強くて注目を集めているようですね。

関連クレベルコイケの強さの秘訣は?朝倉未来とどっちが強いか分析してみた

スポンサーリンク
すぐ読める目次

クレベルコイケとサトシの関係は親戚?

クレベルコイケとホベルトサトシソウザの関係性は、静岡にあるボンサイ柔術所属の格闘家という間柄です。

ボンサイ柔術のトップはホベルトサトシソウザの兄である、マルコス・ヨシオ・ソウザが祖父の後を引き継いでます。

創始者のソウザ家の祖父が亡くなってからはマルコス・ヨシオ・ソウザが引き継ぎ、2000年初期に日本でもボンサイ柔術を始めました。

マルコス・ヨシオ・ソウザが日本に出稼ぎ外国人として来日し、ボンサイ道場を開き同じく出稼ぎブラジル人の子供として来日していたのがクレベルコイケです。

クレベルコイケは14歳の頃に来日し兄のクリスチャンコイケと一緒に、柔術サークルに参加していた頃にマルコス・ヨシオ・ソウザもサークルに入門します。

しかしクレベルコイケ兄弟が通う柔術サークルに参加するも、マルコス・ヨシオ・ソウザは柔術も経験者なので実力差は明らかでした。

マルコス・ヨシオ・ソウザは自分で道場を開き、クレベルコイケ兄弟はマルコス・ヨシオ・ソウザの道場に移籍しましたね。

クレベルコイケはボンサイ柔術の日本支部に移籍しているので、クレベルコイケはボンサイ柔術の旗揚げ時からのメンバーになります。

当時のホベルトサトシソウザはブラジルで柔術をしていたので、クレベルコイケとは直接的な接点はありませんでした。

後にホベルトサトシソウザが日本に来日してからは、クレベルコイケとホベルトサトシソウザは親戚のような関係を築いていますね。

クレベルコイケの家族がブラジルに帰った後には、ホベルトサトシソウザの家に居候するなど本当の兄弟のような関係です。

スポンサーリンク
 

クレベルコイケとサトシが極めた「ボンサイ柔術とは?」

ボンサイ柔術はソウザ家が築き上げた柔術で、ソウザ兄弟の祖父であるアジウソン・ソウザが開いたのが始まりです。

ボンサイ柔術はグレイシー柔術の創始者エリオ・グレイシーから脈々と受け継がれていて、グレイシー柔術の要素も含むのがボンサイ柔術ですね。

ボンサイ柔術とグレイシー一族との交流は深く、お互いにブラジリアン柔術として尊敬する関係性に見えます。

グレイシー柔術は日本でも馴染みの深い柔術で、「400戦無敗の男」の異名を取り日本でも絶対的な強さを誇りました。

ボンサイ柔術は泣く子も黙るブラジリアン柔術最強アカデミーで、日本に根付いた最強の柔術でもあります。

ボンサイ柔術は「礼儀作法・思いやる心・強い心」を身に付けることを重視し、強さだけでなく精神面も重視しています。

「自らが痛みを知ることで、他人の痛みを知り、人に優しくなれる」を信念に、多くの人に通じる言葉は心に響きますね。

柔術は相手の動きを常に先読みして動くのも特徴で、一つ一つの動作を突き詰めて行くのもボンサイ柔術の特徴です。

自分より体が大きな相手でも頭を使って先読みすれば、体が小さい人でも勝つことができるのも柔術の醍醐味です。

ボンサイ柔術は初心者から有段者まで幅広く在籍し、柔術の技術から精神面まで鍛えられるので多くの有名人も通ってますね。

スポンサーリンク
 

RIZIN22ではサトシがクレベルコイケを推薦する場面も

RIZIN22でホベルトサトシソウザがクレベルコイケを紹介し、クレベルコイケの強さを絶賛し満を持してRIZINに参戦しました。

RIZIN22のメインイベントで矢地祐介に勝利後のインタビューで、クレベルコイケを弟のような存在だと話し観客にPRしています。

観客にホベルトサトシソウザはハッシュタグ「クレベルinRIZIN」をつけて、みんなで投稿してほしいとファンに呼びかけました。

クレベルコイケは実力があるのは間違いありませんが、RIZINのトップ選手と戦うのは知名度が足りないのも事実です。

クレベルコイケもホベルトサトシソウザの声に答える形で、RIZIN66キロ級で一回チャンスを下さいと話していますね。

ホベルトサトシソウザにとって同じボンサイ柔術の同志であり、本当の兄弟のような関係でクレベルコイケの実力を誰よりも認めています。

まだ日本にも実力がありながら埋もれている選手は数多くいて、その中で少ないチャンスを掴めるかで人生も大きく変わってきます。

ホベルトサトシソウザとクレベルコイケはRIZIN25に出場し、柔術デモンストレーションで護身術や柔術のテクニックを披露しました。

クレベルコイケは大晦日で鮮烈なRIZINデビューを果たし、ホベルトサトシソウザも本当に喜んでいましたね。

ホベルトサトシソウザとクレベルコイケがRIZINで活躍し、2人揃ってチャンピオンになる日も遠くないと思います。

スポンサーリンク

今読まれてる記事はこちら

すぐ読める目次
閉じる