MENU
グラマラスパッツのクーポンコードって?お得なキャンペーンも紹介 >

小園海斗の妹は嫁の同級生!?母親はサッカー元Lリーガーの小園こず江

URLをコピーする
URLをコピーしました!

小園海斗さんの妹がとても可愛い!

どちらかというと小園海斗さんにはあまり似ていないので、母親似なのかもしれませんね。

しかも妹は小園海斗さんの嫁の渡辺リサさんと同級生のよう。

妹の紹介で知り合ったと言われていますが、それが確実とも思える証拠のプリクラもありました。

今回は「小園海斗の妹は嫁の同級生!?母親はサッカー元Lリーガーの小園こず江」というテーマでお届けします。

\小園海斗の素行が悪すぎ!調子に乗ってる?/

スポンサーリンク

この記事でわかること

小園海斗の妹がかわいい【顔画像あり】

小園海斗選手のには2歳年下の妹がいますが、甲子園大会の観客席で母親と一緒に応援している貴重なショットがありました。

妹の名前は小園梨心さんで顔画像を見るとかわいらしく、小園海斗選手と梨心さんは目元が似ている感じですね。

甲子園中継でスタンドで応援してる姿がテレビに出てきますが、ほぼ可愛い女の子ばかりなのは間違いありませんね。

梨心さんの高校については情報はありませんが、ネット上には小園海斗選手と一緒に写っている画像が複数ありました。

小園海斗選手が甲子園で活躍していたときには、兄について「最高にかっこいいです」と話していましたね。

仲が良い兄弟でも「最高にかっこいいです」と話せるのは、普段から仲良しじゃないと出てこない言葉だと思います。

小園海斗選手の立場なら妹から「最高にかっこいい」と言われたら、その日は眠れないほど嬉しかったはずです。

小園海斗選手と梨心さんは2歳差ということなので、お互いに支え合っていて仲良しなのかなという印象を受けます。

小園海斗選手と同じく梨心さんもスポーツをしているかもですが、現時点で何をしているのか情報はありませんでした。

兄と同じくスポーツ万能でも不思議はないので、数年後の何かしらスポーツ選手として活躍する姿も見てみたいですね。

小園海斗の妹は嫁の同級生!?

人気ユーチューバーの渡辺リサさんと結婚した小園海斗選手ですが、2人の接点が何なのかも気になるところです。

2人の馴れ初めについては公表されていませんが、ネット上では小園海斗さんの妹の紹介で2人は知り合ったとされます。

小園海斗選手の妹と渡邉リサさんは同い年か1つ違いなので、梨心さんと渡辺リサさんは同級生の可能性は十分考えれます。

普通に考えてプロ野球選手の小園海斗選手と、渡辺リサさんが知り合うのは合コンか知人の紹介くらいなはずです。

さすがに小園海斗選手が合コンしているとは考えにくく、梨心さんの紹介で渡辺リサさんと知り合ったと考えるのが自然だと思います。

関連 小園海斗と渡辺リサが結婚宣言!プリクラ画像や匂わせ投稿が酷いと話題

梨心さんと渡辺リサさんが同級生との噂があるのは、渡辺リサさんのインスタに梨子さんと一緒に写ったプリクラが掲載されたからです。

プリクラを見ると2人とも顔が加工されているので、梨子さんかどうか判断は難しいとの声もありますが梨子さんの可能性は高いです。

もう一つ考えられる可能性は小園海斗選手と渡辺リサさんが熱愛関係になり、その後に梨子さんと渡辺リサさんが仲良くなったケースです。

渡辺リサさんとすれば梨子さんは可愛い姉妹のような存在で、小園海斗選手と同様に親密な関係ともおもいますね。

現時点で2人が同級生かどうかは判断できませんが、プリクラを見ても同じ学生服じゃないかとの声もあります。

私は渡辺リサさんと梨子さんが同級生か同じ高校で、小園海斗選手がプロ野球選手になり梨子さんの紹介で交際に発展したと思いますね。

小園海斗の母親は元Lリーガーの小園こず江

小園海斗選手の母親は日本女子サッカーリーグの元選手で、なでしこジャパンの前身リーグで活躍していました。

埼玉県の本庄第一高では50m6秒前半の俊足を生かし、チームを全国3位に導き日本屈指のミッドフィルダーとして注目されます。

母親は小園海斗選手をサッカー選手にしたかったそうで、小園海斗選手が幼少期の頃に枕元にサッカーボールを置いていました。

しかし小園海斗選手はサッカーボールに全く興味を示さず、生後9ヶ月にはキャッチボールを始めたそうです。

もし小園海斗選手がサッカー選手して頑張っていたら、プロサッカー選手になっていたと思うほど才能豊かです。

小園海斗選手の俊足ぶりは間違いなく母親譲りで、走攻守バランスの取れた野球センスなのも納得ですね。

母親は旭国際バニーズ(現・バニーズ京都SC)と契約し、ミッドフィルダーとして4年間プレーしています。

当時はまだ日本女子サッカーの認知度は低い中で、まさに日本女子サッカーの基礎を築いた一人といえます。

日本女子サッカーを牽引し続けてきた澤穂希さんの先輩でもあり、日本女子サッカーがW杯で初優勝できたのもLリーグがあったからだと思います。

先人達が築き上げてきた女子サッカーの歴史を、見事なでしこジャパンが受け継ぎ世界の頂点に立ったのは感慨深いです。

小園海斗選手の才能はまだ開花していませんが、必ずプロ野球選手として大成してくれると期待しています。




今読まれてる記事はこちら

この記事でわかること
閉じる