MENU
グラマラスパッツのクーポンコードって?お得なキャンペーンも紹介 >

ホベルトサトシソウザの嫁は美人で子供は可愛い!兄はボンサイ柔術の天才

URLをコピーする
URLをコピーしました!

力強い眼差しとワイルドな見た目のホベルトサトシソウザはSNSでも「かっこいい」と人気ですよね。

そんなサトシソウザの嫁がかなりの美人だってご存知でしたか?

「天は二物を与えず」と言いますが、ホベルトサトシソウザには三物も四物も与えているような気が・・

今回は「ホベルトサトシソウザの嫁は美人で子供は可愛い!兄はボンサイ柔術の天才」というテーマでお届けします。

関連クレベルコイケとサトシの関係は親戚?同じボンサイ柔術道場のメンバーだった?

スポンサーリンク

この記事でわかること

ホベルトサトシソウザの嫁が美人すぎる!

ホベルトサトシソウザは日本とブラジルのハーフで、ブラジル・サンパウロで柔術一家の三男として生まれています。

ホベルトサトシソウザの父親はボンサイ柔術の創始者で、日本でもボンサイ柔術の道場は5つあり日本でも浸透しつつあります。

簡単に説明すると柔術は相手を打撃で倒すというよりも、寝技で関節技で一撃で仕留めるというのが柔術といった感じですね。

まさに「肉を切らせて骨を断つ」というイメージの柔術は、見ている方も油断していると一瞬で試合が決まることも珍しくありません。

現在は静岡県浜松市に住んでいるホベルトサトシソウザは、結婚していて奥さんが美人とネット上でも話題になるほどです。

ネット上で話題になるのも納得の美貌の持ち主で、嫁の画像を見ればホベルトサトシソウザは羨ましいと思うはずです。

ホベルトサトシソウザの嫁は日系ブラジル人で、ホベルトサトシソウザの試合会場にも来て応援している姿が印象的ですね。

ホベルトサトシソウザもイケメン格闘家で人気がありますが、嫁も美人でスタイル抜群なので日本でも注目されています。

嫁についての詳しい情報は現時点で見つけられませんが、かなりの美人でホベルトサトシソウザと仲が良いのは間違いなさそうですね。

とてもスレンダーでモデルのような美人の嫁ですが、笑ったときの柔らかい表情も印象的で気になる存在です。

ホベルトサトシソウザの試合会場に嫁が来場していたら、試合よりも嫁の方に目が行くと思うほど美人ですね。

ホベルトサトシソウザと嫁の間に子供はいる?

ホベルトサトシソウザと嫁との間には2人の子供がいますが、子供についての詳しい情報は見つかりませんでした。

ほぼネット上で検索してもホベルトサトシソウザの子供の情報はなく、数少ない子供との3ショットは貴重な一枚です。

ただネット上ではホベルトサトシソウザと嫁が、小さい赤ちゃんを抱いている写真があるので子供がいるのは間違いありません。

赤ちゃんを抱いているホベルトサトシソウザの笑顔が印象的で、心の底から子供が誕生したことを喜んでいましたね。

2人目の子供については最近生まれたと推測されるので、ホベルトサトシソウザとしても新しい家族ができて負けられないところです。

試合後には家族と食事をしたいとインタビューで答えるなど、家族との時間が激戦の中でリラックスする貴重な時間です。

子供の性別について詳細はわかりませんが、画像を見る限りでは1人は男の子じゃないかなと思いますね。

もし男の子なら将来的にボンサイ柔術を継承する可能性もあるので、ホベルトサトシソウザのように柔術家を目指してほしいです。

これまでも柔術の創設者一家の子供は格闘技をしているケースが多いので、ホベルトサトシソウザの子供にも自然と期待が高まりますね。

子供達も自然とホベルトサトシソウザの試合を見ていくと思うので、柔術家として闘う父親の姿は誇らしいと思います。

ホベルトサトシソウザの兄はマルコス・ヨシオ・ソウザ

「日本の柔術界の最高傑作」とも称されるホベルトサトシソウザですが、兄のマルコス・ヨシオ・ソウザも圧倒的な強さを誇ります。

マルコス・ヨシオ・ソウザはソウザ家の次男として生まれ、幼い頃からブラジリアン柔術を叩き込まれたボンサイ柔術の天才です。

ボンサイ柔術で培った寝技と圧倒的なフィジカルで、2004年には柔術の黒帯を取得し数々の世界大会で優勝していますね。

弟のホベルトサトシソウザと比較すると打撃面が弱い印象で、2019年にRIZIN19で中村K太郎にTKO負けしています。

柔術の実力は間違いなく世界最強レベルですが、総合格闘技では寝技に持ち込むまでが大きな課題ですね。

マルコス・ヨシオ・ソウザも試合の流れを変えようと打撃戦を展開するも、結果的に中村K太郎の打撃を喰らってしまいます。

また試合前には腰を痛めていたのと祖父の死も重なっていたので、コンディションもメンタル面でも万全ではなかったかもしれませんね。

とはいえ試合で調整不足は理由にならないのは当然なので、マルコス・ヨシオ・ソウザも素直に負けを認めていました。

この試合では中村Kは太郎が圧勝する結果になりましたが、展開次第でマルコス・ヨシオ・ソウザが勝っていても驚きはありません。

一発勝負の総合格闘技で強さを維持することは困難ですが、だからこそ総合格闘技で頂点を極める価値は十分あります。




今読まれてる記事はこちら

この記事でわかること
閉じる