MENU
グラマラスパッツのクーポンコードって?お得なキャンペーンも紹介 >

貴景勝の母親は韓国人ホステス?父親は元空手選手でスパルタ教育がヤバい

URLをコピーする
URLをコピーしました!

貴景勝の母親がものすごく美人だってご存知ですか?

その美しすぎる見た目から「韓国人なのでは?」「銀座のホステスのママらしい」という噂まで広がっています。

そして父親は元極新空手の指導者だったこともあり、貴景勝が幼い頃からスパルタ教育で力士に育ててきたのだとか。

今回は「貴景勝の母親は韓国人ホステス?父親は元空手選手でスパルタ教育がヤバい」というテーマでお届けします。

関連 貴景勝の嫁が美人すぎる!ゆきなとの馴れ初めや「さげまん」と言われる理由は?

スポンサーリンク

この記事でわかること

貴景勝の母親が美人だと話題に

貴景勝の母親が美人過ぎると話題になっていますが、あまりにも美人なので貴景勝よりも注目を浴びるほどです。

芸能人と言われても全く違和感のない美人ですし、凛とした雰囲気で美しさの中に力強さも感じるほどです。

貴景勝が優勝したときに一緒に母親もテレビに写った際には、美人過ぎると完全に話題を持っていきましたね。

2021年3月時点で貴景勝の母親は54歳ということですが、本当に年齢を感じさせない若々しい見た目が印象的です。

ネット上では母親が「美人過ぎる」との声が多くありましたし、若い頃は松坂慶子さん似の美人との声もありました。

貴景勝が小学生の頃にはお弁当におにぎり15個を作り、お弁当を忘れたクラスの女子におにぎりを分けることもあったそうです。

母親は貴景勝が相撲界に入ることに最初は反対でしたが、貴乃花部屋に入門したときに覚悟を決めています。

一ヶ月の食費は30万円というのも驚きですが、スーパーに行って毎日1キロの肉を勝ってサポートしていたのも驚きですね。

小さい頃の貴景勝はやんちゃで何度も謝りに行ったと話していて、各界に入門してから気遣いができるようになったと話していました。

貴景勝が力士になってからも連絡を取り合うそうで、貴景勝も母親の前では大関というより一人の子供といった感じですね。

貴景勝の母親と言われても信じられない人も多く、お相撲さんの母親というイメージとかけ離れてる印象も受けます。

貴景勝の母親は韓国人で職業はホステス?

ネット上で貴景勝の母親は韓国人との噂がありますが、母親の名前は佐藤純子さんなので日本人で間違いなさそうです。

どこから母親が韓国人との噂が出たか断定はできませんが、考えられる可能性として貴景勝の出身小学校が関係してると思われます。

貴景勝は「仁川学院小学校」の出身ということで、「仁川(にがわ)」という読み方ですが韓国の都市と同じ漢字になります。

貴景勝の小学校は「仁川(にがわ)」と読みますが、韓国の都市は「仁川」と書いてインチョンと読みます。

おそらく貴景勝の出身小学校の名前から韓国を連想した人が、貴景勝の母親は韓国人とデマが広がった可能性が考えられますね。

そして母親は以前ホステスをしていたとの噂もありますが、母親の職業については何もわかっていません。

 

ホステスとの噂が出たのは着物が似合っているので、見た目の雰囲気からホステスだったとの噂が広がったのでしょう。

また母親の若い頃の画像が韓国人っぽくも見えるので、韓国人じゃないかと言われていますが日本人で間違いなさそうです。

母親の着物姿は銀座の高級クラブのママと思えるほど風格があるので、ホステスで働いてたと思うのも納得の美貌ですね。

職業については情報がないので何とも言えませんが、若い頃も現在も美人ということだけは間違いありません。

貴景勝の父親は元空手の選手でスパルタがヤバい

貴景勝の父親は極真空手の指導者だったので、貴景勝も幼い頃から空手を習っていて小学3年生のときに全国大会で準優勝しています。

このとき決勝戦で貴景勝は反則負けをしたことで、「判定がある競技はやりたくない」ということで相撲を始めました。

そんな貴景勝を指導してきた父親はスパルタ教育で、夜遊び禁止や修学旅行中も稽古の休みはなかったそうです。

四股500回と腕立て伏せと腹筋200回や自宅で父を相手にぶつかり稽古など、子供の頃から父親のスパルタ教育を受け強くなりました。

当時は元横綱の貴乃花の相撲クラブに通って稽古を積んだ後に、家に帰宅してから3時間くらい練習する日々でした。

 

練習も厳しくスパルタだなと思いますが、何よりキツいのはご飯を食べる量が半端ないのには驚きますね。

例えば吉野家の牛丼特盛を三杯やマクドナルドでメガマック4個とポテトL4個など、小学生の頃から食べていたそうです。

またびっくりドンキーでは450gのハンバーグ3枚を、完食するまで食べさせられるという過酷な日々ですね。

貴景勝は完食するまで4時間かかることもあったそうで、今でも肉は好きでもハンバーグは苦手とも話しています。

貴景勝は小学3年のときには体重30kg前後だったのが、小学6年の頃には3倍の90kgまでパワーアップしています。

貴景勝は父親からスパルタ教育を受けてきましたが、父親の厳しさの中にも愛情があったからこそ乗り越えられてきたのは間違いありません。




今読まれてる記事はこちら

この記事でわかること
閉じる