山口真帆の演技が下手すぎる!?滑舌が悪くて棒読み!ドラマ出演シーンを動画で検証

ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う』第1話に元NGT48の山口真帆さんがゲスト出演し話題になりました。

これで晴れて女優デビューとなった山口真帆さんですが、演技についてはネガティブな声も・・・。

山口真帆さんの演技の実力がどんなレベルなのかとても気になりませんか?

この記事では山口真帆さんが出演したシーンの動画もご紹介しています。

同じくアイドル出身の西野七瀬さんも演技が下手だと言われていますが、まだ2人とも女優業を始めたばかりなのでこれからニビルのではないでしょうか。


\こちらもおすすめ/
目次

山口真帆が女優デビュー

山口真帆 演技力

女優としてのお仕事を今か今かと待たれていた山口真帆さんが、2020年1月期のドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う』第1話のゲスト出演で女優デビューしました。

山口真帆さんが演じる「愛菜」はIT会社の社員。

愛菜は顔にコンプレックスがあり綺麗になるために整形しますが失敗し、「醜い私、さようなら」という動画をインターネット上に残して飛び降り自殺を・・。

自殺の理由はモラハラなのか、それとも別の理由なのか!?

途中で顔に包帯グルグル巻きで登場したのが山口真帆さんです。

山口真帆さんは2019年5月にNGT48を卒業し、その後は芸能事務所「研音」に所属して女優業に転身していました。

しかし、なかなか女優としてのお仕事が始まらず・・と思っていた矢先に『シロクロ』でのゲスト出演が決定。

山口真帆さんは自身が演じた役についてこのようにコメントをしています。

初めてドラマに出演させていただくこととなり、本当にうれしいです。ストーリーがすごく面白い作品で、第1話にゲストで出演できるのは、すごく光栄です。

私が演じた役は、色々悩みながら、追い詰められたり、悲しい思いもするけれど、強く生きていく女性で、難しい役どころでしたが、自分だったらどうしたか、自分も演じた女性のように強く生きることへ憧れる部分もあったので、いろんな人への勇気につながると嬉しいです。

引用:Yahoo!ニュース

ゲスト出演とのことなのでそんなに長いシーンでの出演はなさそうですが、どんな役だったのでしょうか。

動画で見てみましょう!

山口真帆の演技は下手なのか動画で検証

2020年1月12日放送の『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う』に出wんした山口真帆さんの動画を確認してみましょう。

「醜い私、さようなら」

このセリフだけではまだ演技が下手か上手いかは分かりませんね。

本番では終盤まで包帯グルグル巻きの山口真帆さんしか出てこず、「まさかあれだけ!?」と思いましたが、しっかりと長いセリフと演技のシーンもありました。

女優一発目にしてはかなり難易度の高い役だったのでは!?

滑舌は昔より良くなっていますし、恐怖の表情も迫真の演技でしたね。

ものすごい上手という訳ではないものの、想像していたよりはかなり上手くなってる!と感じます。

その理由は次でご紹介する「過去の演技動画」をご覧ください。

山口真帆の演技が下手すぎる理由は滑舌が悪くて棒読みだから?

山口真帆さんの演技については、放送前から「演技上手くはない」という声が上がっていました。

山口真帆さんの演技が下手だと言われる理由は、女優としての経験の浅さの他に「滑舌」という問題があるようです。

山口真帆さんの滑舌が悪いことはファンの間では有名で、『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う』の演技に関しても心配する声が上がっていましたね。

しかし、最近は滑舌が良くなってきたとも言われているので、女優としてのお仕事も増えてくるかもしれません!

実際に、昔の演技よりは随分と滑舌も表現力もよくなっていますよね!

山口真帆の演技力に世間の反応は?

山口真帆さんの演技には厳しい声も多かったですが、「最初はしょうがない」「応援してる!」という声もとても多かったです。

ファンからは「演技力がどうであれ、今後が楽しみ!」という声が多かったですね。

今回の『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う』の演技が評価されたら、女優として次の仕事に繋がる可能性は大いにあると思います!

山口真帆の演技が下手すぎる!?まとめ

山口真帆さんの演技は下手なのかどうか、女優デビューとなったドラマの動画や過去の演技動画で検証してみました。

まだまだ経験が浅いのでベテラン女優と比べるのはかわいそうですが、伸び代があるということですよね!

これから経験と実力がついていく段階だと思うので、次回のドラマ出演も楽しみにしたいと思います。

今人気の記事はこちら

目次
閉じる