MENU
グラマラスパッツのクーポンコードって?お得なキャンペーンも紹介 >

芳根京子の目が不自然で怖い!?二重は整形なのか昔の画像と徹底比較

URLをコピーする
URLをコピーしました!

芳根京子さんはの目が不自然で怖い・・?

演技力の高い女優としても知られているため、鬼気迫る演技をした時に目が怖いと言われている可能性もありますよね。

今回は「芳根京子の目が不自然で怖い!?二重は整形なのか昔の画像と徹底比較」というテーマでお届けしていきます。

関連 芳根京子のギランバレー症候群どんな病気?後遺症や現在の症状も調査

スポンサーリンク

この記事でわかること

芳根京子の目が不自然で怖い

芳根京子さんは黒目が大きく、瞳の色も真っ黒であることが魅力の一つです。

しかし、人によって宇宙人や妖怪などを連想してしまう場合もあり、不気味さや違和感を感じることもあるようです。

また、芳根京子さんは、瞳の大きさが故にカラコンを使用しているのではないかと噂されていましたが、SNS上でカラコンはつけていないと明言していました。

ただし、普通の視力矯正用のコンタクトは着用しているそうです。

芳根京子さんは、黒目の大きさだけでなく、まばたきが変だとも言われおり、「チック症」なのではないかと心配されたこともあります。

チック症とは、まばたきや咳払い、首振りや帰省が、本人の医師とは関係なく繰り返し出てしまう疾患です。

チック症は不安や興奮、強い疲労によって症状が悪化することがあり、落ち着いて集中している時は改善する性質があるようです。

芳根京子さんはSNSで、「唇のピクピクが止まらない」と投稿してたことありましたが、この症状もカメラを向けたら止まるとのことでした。

唇のピクピクもチック症の類のものだとしたら、カメラを向けられることによって集中モードに切り替わるということなので、さすがは女優と言えますね。

また、芳根京子さんは、ギランバレー症候群という難病を患っていたこともあります。

そして、チック症のような症状が、ギランバレー症候群の後遺症なのではないかと心配されていたこともあるようです。

しかし、ギランバレー症候群は再発するケースも非常に少なく、時間経過で治癒するものがほとんどなので、後遺症が残っている可能性は非常に低いと考えられます。

芳根京子の目は整形?

芳根京子さんは、目がパッチリしていて大きいことから、整形をしているのではないかという噂もあります。

芳根京子さんは、2020年10月31日に自身のインスタグラム上で、2歳半の頃に撮影されたハロウィンコスプレ写真を公開していたのですが、この写真の頃から目が大きくくりくりしていたので、整形手術で目を大きくしたということはなさそうです。

芳根京子の目の変化を昔の画像と比較

芳根京子さんは、幼い頃から目が大きい事がわかりました。

では、現在に至るまで、芳根京子さんの目に何か変化はあるのでしょうか。

調査したところ、芳根京子さんが高校3年生の頃の写真を発見しました。

テキスト, 新聞, 若い, 立つ が含まれている画像

自動的に生成された説明

芳根京子さんは現在23歳であるため、これらの写真は5、6年前にものになるのですが、現在と同様に大きい黒目が魅力的な印象がありますね。

昔の写真と現在の写真を比較しても目に大きな変化が無いことから、やはり整形を行ったということはないと考えられます。




今読まれてる記事はこちら

この記事でわかること
閉じる